摂食・嚥下・口腔ケア研修!

こんにちは。安暖手EASTの太田です。

先日、訪問看護師による介護職員の摂食・嚥下・口腔ケアの研修を行いました。

普段から介護職員は、食事のお手伝いが必要な方に対応していますが、改めてどのような

声掛けで行っているか、お手伝い中の職員の目線はどこにあるかなど

職員が相手の立場に立って出来るよう介助が必要な方、お手伝いをする職員、それを第三者が確認する役に

分かれて実施しました。

写真のように様々な病状に合わせてこの姿勢でよいのか、このような姿勢だと食べ物を食べるときにどのようなリスクが起こるのかを

体験しています。

この研修で今まで以上に相手への声掛け、誤嚥のリスク、口腔ケアの大切さをを実感し生かそうと思います。